Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マックブライドみさお プロフィール

はじめまして。
オーストラリアを拠点に世界を移動しているマックブライドみさおです。

起業と婚活のサポート

私は海外小顔セラピスト育成講師として、海外で自分らしく働きたい、手に職をつけて自分の世界を作りたい、そんな女性たちのために小顔サロン開業講座を開いています。
オーストラリア全土からこの講座を受けに来てくださる方がいらっしゃいますが、みなさんセラピスト業は初めてという方が多く、そんな方たちが講座終了後にそれぞれの土地に戻り、セラピストとして生き生きと活躍されていらっしゃる様子を見せていただくことは、私の何よりの元気の素になっています。

私はその他にもう一つ、オーストラリアで結婚相談所を開設し、婚活アドバイザーとして出会いを求める日本人独身女性のサポートもしています。私自身がオーストラリア最大手の出会い系サイトでネット婚活をし、現在の夫に出会っているということもあるのですが、出会い系サイトの出会いに疲れ果てている方たちがあまりに多く、もっと楽しく出会える方法があることを教えてあげくて始めたサービスです。これまで私がお手伝いさせていただいた方々は、全員半年以内に生涯のパートナーと巡り合い、現在も仲睦まじく暮らしていらっしゃいます。

オーストラリを拠点にした小顔サロン開業講座と出会い系婚活講座。言い方を変えれば起業サポートと婚活サポートです。このふたつの間にはなんの関係もないように見えるかもしれません。仕事と恋愛はまるで対極にあるかのように位置付けられていますから。
でも、自分らしくありたいと願う女性にとって、仕事と恋愛は切っても切り離せないセットのような気がします。公とプライベート。外側と内側。この両方が充実してこそ豊かな人生だと言えるのだと思うんです。

私は仕事が大好きなので、働かない自分、リタイアする自分、というものを想像できませんし、正直言って、恋愛話より仕事の話の方がワクワクします。では私の優先順位は仕事が一番で恋愛は2番かというと、全くそんなことはありません。パートナーとのリレーションシップいかんで、私たちは健康をも損ねますし、仕事で得られる充実感にさえ多大な影響を与えます。仕事と恋愛、どちらも同じだけ大切で、同じだけエネルギーを注ぐべき対象だと思っています。

 

20年以上続いた摂食障害・拒食症

仕事と恋愛は、自分らしくありたいと願う女性にとって切っても切り離せないセットだと書きました。そしてこのふたつは、女性の美しさと自信の源泉になるものだとも思っています。なぜそう言い切れるのか?
私は40代半ばまで、このどちらも持っていなかったからです。そしてこのふたつを手に入れた時に私の人生は大きく変わりました。

10代半ばで拒食症になった私は、その後20年以上ものあいだ入退院を繰り返し、健康とは程遠い暮らしを強いられることになりました。当時拒食症という病気は珍しく、この病気に対しての理解と知識のあるお医者様はほんのわずかだけ。私は自分に何が起こっているのかもわからず、ありとあやゆる病院をめぐり、拒食症だと診断されたのは発症から7年経った後でした。7年も放っておいた病気ですから当然治りも遅いのです。

35キロという低体重で仕事を続けましたが、どの職場に行っても馴染めず、どこへ行っても3ヶ月でやめるということを繰り返す暮らし。職場を去るたびに自尊心も失い、自尊心を失うたびに体重も減っていくという負のサイクルです。そんな状態でしたから、男性と親しくなることはおろか女友達とさえスムーズな人間関係を築くことができず、対人関係に怯える私でもあったんです。

おどおどしている時って、一生懸命やっているのにやればやるほど事態が悪化したり、良かれと思ってやったのに周りのみんなを怒らせたり迷惑をかけたり、ってことありませんか?私は30年間、ずっとそんな生き方をしていたんです。これまでに何度「ごめんなさい」と謝ったことかわかりません。生きていることそのものが、みんなにとって謝罪すべきことだとさえ思っていたほどです。「そばに寄られると運気が下がるから近寄らないで」とまで言われた私です。

ところが今は、「みさおさんに会いたい!」と言ってオーストラリアのいたるところから、そして日本から、わざわざ私に会いに来てくださる方がいらっしゃるのですから、人間は何がきっかけで生きかたが変わり、周りの人への影響までもが変わってしまうのか、本当にわからないものですね。

 

40代半ばから人生が急上昇した理由

私の人生が急激に上昇したのは40代半ばを過ぎた時です。

人生を変えたいと思ったら、何をしたらいいかご存知ですか?
人生を大きく変えるには、3つの方法があると言われています。

1.仕事を変える
2.付き合う人を変える
3.住む場所を変える

仕事を変えたいと思っている人はたくさんいますが、実際に仕事を変える人(変えられる人)はごくわずかです。これは勇気があるとかないとかということではなく、自分と一緒に働いてくれている人たちを裏切れない、そんな人間関係の絆も関わるからだと思います。

付き合う人を変える、これはあえてそうしようとしなくても、自分が変わることで自然とお付き合いする人も変わりますね。

では住む場所を変える、これはどうでしょうか。ご家族がいる場合、住む場所を変えるというのは容易なことではないと思います。長年住み慣れた土地を離れてまで変えたい人生というものがあるのかどうか、これは何度も自分に問いてみないと答ははなかなか出てこないことでしょう。

 

私のところには、摂食障害の方や独身女性の方からたくさんのメールが届きます。その主な内容は”自分を変えたい・人生を変えたい”という切実な思いです。
「このままではダメだと思っています。今度こそ本気で人生を変えたいと思っています。でもどうしたらいいかわかりません。私もみさおさんのようにキラキラした人生を送るにはどうしたらいいでしょうか。」

人生を変えたい 自分を変えたい 変わりたい

そう思い、願い、その方法を模索している方がいかに多いかを、メールを頂くたびに知らされる私です。自分を変えたい 変わりたい と願っている時というのは、自信を失っている時でもあります。私自身が 自分を変えたい 変わりたい と切に願っていた時代が長く、その根っこにあったのは 自信のさな、自尊心の低さでしたから、「人生を本気で変えたいんです」とお便りされてくる方の気持ちが私には痛いほどわかります。

 

人生を変える3つの方法を実践

さて、人生を変えるためにできること3つ。仕事を変える、付き合う人を変える、住む場所を変える。どれも簡単に変えられるものではないからこそ、それを変えた時には人生に大変化が起きるというのは、何となく想像がつくのではないでしょうか。

私は39歳から40歳になる時に、仕事と付き合う人と住む場所の3つが全部変わりました。これはお見合い結婚によってです。市役所の受付アルバイトから主婦へ、誰とも接触しない暮らしからご近所付き合いする暮らしへ、そして実家から嫁ぎ先へ、3つが一気に変わったのです。これによって私の人生は確かに変わりました。変わりましたが、人生が好転したかと聞かれたら、なんとも言えません。結婚して半年後に別居していることが、人生の好転ではなかったと物語っています。

私の人生が大きく好転したのは、40代半ばになってからです。仕事が日本語教師から語学留学生になり、住む場所が日本国内から海外へと変ったです。当然周りにいる人たちは日本人から外国人へと変わっています。そしてそこから本当に人生がグンと急上昇したのは、お付き合いする人が、数ヶ月単位で変わる短期ボーイフレンドから生涯を共にする夫になり、アパートの一人暮らしが庭付きの一戸建てで二人暮らしになり、留学生からサロンオーナーになった時のことでした。

仕事とパートナーに恵まれたことで、私はそれまでに手にしたことがないほどの自信を身につけることができたんです。自分の仕事を持つことと、信頼関係で結ばれたパートナー、この二つを手に入れることが私の長年の夢でしたが、この二つを手に入れた後にわかったことは、私の人生に本当に必要だったのは、自信と自尊心だったということです。自信と自尊心を手に入れるためにサロンを開き、結婚をしたわけではなかったのですが、仕事と恋愛が充実すると、自信と自尊心まで手に入るのだということを実体験した私です。
何れにしても、仕事とパートナー、このふたつによって私の人生が格段にランクアップしたことは間違いありません。

 

パートナーと仕事 誰(何)を選ぶかでその後の人生は大きく変わる

仕事とパートナーで人生はいかようにも変わる。おそらくこれは私だけでなく、どの方にも当てはまることかと思います。仕事選び、言い方を変えれば働き方選び。そしてパートナー選び。このふたつは本当に大切です。

私の人生がどんな働き方に変えたことで好転し、どんな人と恋愛することで運気アップになったのか、具体的にこのサイトの中でお話ししていきますので、あなたの人生を変えるきっかけにしていただけたら幸いです。

 

最後になりますが、50代後半にいる私が強く思うことは、女性にとっての40代は中間地点折り返しではなく、ワンランク上をいく人生の始まりだということです。
もしあなたが40代なら、ぜひお祝いしてください。

そして、このプロフィールを読んでくださっているのが摂食障害の方ならば、あなたにこの動画を贈ります。
あなたの人生が輝き始めるその瞬間を、とても楽しみにしています。It’s all going to be OK.