Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

独身女性30代 婚活と出産の崖っぷち?

 

 

30代で独身だった私の心境は崖っぷち

私は自分でブログを書いていながら、他人の記事を読まないという悪い癖があります。ですから、世の中の風潮というものにとっても疎いです。流行りの言葉も知りません。そんな中、たまたま「30代 独身 崖っぷち」というような言葉が羅列する記事が目に止まりました。見ると、似たようなフレーズの記事がいくつも並んでいます。

30代 独身 崖っぷち

思い出しました。
私も30代で独身だった頃、崖っぷちという言葉は思い浮かびませんでしたが、あの頃の心境を一言で表すとしたら、確かに「崖っぷち」はピッタリな表現です。あの時にこの3つの言葉が並んだ記事を目にしたら、飛びついて読んだことでしょう。

20代の頃は、お見合い話があっちからもこっちからも来ていたのに、30代になった途端にお見合いの話はばったりとこなくなっていました。「だから言ったでしょ」という周りの冷ややかな眼差しを痛いほど感じ、自分自身も「やっぱり20代で結婚しとけばよかったのかも・・・」と後悔していた30代前半です。

「売れ残り」という言葉がありますが、今でも女性に対して使われているんでしょうか? この言葉の持つ圧力は、30代になってみないとわからないかもしれませんね。もちろん、30代の独身になってみないと、という意味です。

 

20代根拠のない余裕 30代根拠のない賞味期限切れ

20代の頃はお見合いの話もきましたが、同級生の結婚式にもよく招待されたものです。この記事を読んでくださっているのが30代の方だとしたら、そうそうそうだった、とうなづくかもしれませんね。そして最近結婚式に出席する機会が激減したと感じているかもしれません。

私は拒食症を患ってはいましたが、そしてその拒食症がいつ治るのかも全くわかりませんでしたが、20代の当時はまだ余裕があったこんだな、ということに今更ながらですが気づきます。漠然とした余裕のようなものがあったように思います。あれこそまさに根拠のない20代の余裕と傲慢さでしょう。20代真っ只中にいる時というのは、それがどんなに美味しい世代なのかはわかっていないのの、でも潜在意識の方では、20代のパワーというものを確信しているところがあるように思います。20代「知らないから可愛い」という強力な武器ですね。

ところが30代になると、「知らないから可愛い」という無知は通用しなくなります。「そんなこと知ってて当たり前でしょ」と言われます。その一つが、30代になったらお見合い話は来なくなる、30代になったら周りは既婚者、「そんなことわかってて当たり前。だから言ったでしょ。」です。私は30代後半になった時、これはとんでもないことをしてしまったのでは、と狼狽えました。とんでもないこととは、20代のうちに結婚しておかなかったということ。せめて相手だけは確保しておくべきだった、ということです。

そういえば、「賞味期限」という言葉がありましたね。こちらも「売れ残り」同様に、30代、特に30代後半の独身者を貶めるのには十分なほど強い言葉です。こういう言葉が使われる背景となる日本の社会に反発を感じている方、あるいは全く違和感なく過ごしている方、どちらの方の感覚も、私は非常に興味があります。

 

結婚はまだなの?と迫る親が登場するのがアジアのドラマ

私の住むオーストラリアでも、日本のドラマを見ることはできます。できますが、私は夫と一緒にテレビを見たいので、日本語のテレビ番組を見るということがありません。その代わり、韓国のドラマを見ることが多いんです。Netflixでは韓国ドラマを沢山見せてくれますから。

その韓国ドラマを見ていて、西洋のドラマには絶対に出てこないセリフだな、と思うものが一つあります。それが、「お前、結婚はいつするの?」と尋ねる(というより、脅かしているとしか思えない口調)親のセリフです。日本にだけ住んでいた時なら、このセリフに何の違和感もなく聞き流していた私でしょう。でも、海外に移り住んで14年経つ私には、このセリフと、そう言わせる文化というものに不快感を抱くんです。結婚というとてもプライベートなことに対して親が口出しをする、親だから口出ししてもいいと思っている、そのことに反発を感じるのです。

結婚て、とってもとってもと〜ってもプライベートな事柄です。そもそも、結婚しないという選択もあるわけです。結婚したくても同性愛のため結婚という形が取れないということもあります。そういったこと全部を含めて、結婚とういのものは、親や周りが、「いつするの?いつしてくれるの?」と聞いたりお願いしたりすることではないと思うんです。

ましてや、頼んでもいないのにお見合い話を持ってきて、お断りすれば生意気な娘だと批判し、30歳になったときに独身でいようものなら、それ見たことか的に蔑む。これ、とっても失礼ですよね。私とあなたは違う人です、という感覚が欠乏しています。

 

30代独身崖っぷち 冗談じゃない!

私は44歳まで日本にいましたから、頭のてっぺんから爪の先まで日本人の遺伝子が入っています。脳みその隅々にまで日本の文化や常識や普通が染み込んでいます。女性が知恵をつけたら男性に可愛がってもらえなくなると祖父から教わりました。30代の独身時代を世間体を気にしながら惨めな気持ちで生きていた歴史があります。40代になったら女性ではなくなると思っていた愚かさがあります。

そんな私だったから、そんな当時の自分にも言いたくてこの記事を書いているんですが、
30代 独身 崖っぷち? 冗談じゃない!
40代 独身 痛い? 冗談じゃない!

冗談じゃないですよ、ホントに。
男性がいうなら、馬鹿な男たち、と笑えもしますが、もし30代独身が崖っぷちだと同性の女性が言っているのだとしたら、1対1でゆっくり話しましょう、と言いたくなります。

男性は、確かに若い娘が好きです。子供を作って欲しいと思っているいないにかかわらず、男性には子孫を残したいという本能が備わっています。赤い唇、ウエストとヒップの差(俗に言う”くびれ”)、これは受胎の可能性の高さを表す一つの指標ですが、生理が定期的に来ている20代と、更年期を迎えた50代の女性が並んでいたら、20代の娘に目が行くというのは、子孫繁栄の男性本能がそうさせているとも言えるでしょう。痩せている男性と胸板の厚いたくましい体の男性が並んでいたら、私たち女性はおそらく体格のいい男性に目が行くはずです。狩猟時代の時から、女性は守ってもらう側でした。守ってもらいたいという本能が、無意識のうちにたくましい体つきの男性に目が行くのと似ています。

子孫繁栄という一点からだけ見たら、30代、40代、と年齢が上になるほど、私たち女性の体は子孫繁栄の役目を果たしにくくなります。でも、私たちは子孫繁栄製造機じゃありません。

 

貴女が思ってるように男性は貴女のことを扱います

年齢が上がるごとに崖っぷちに立たされている気になるのは、女性としての価値が下がるという概念があるからでしょう。子供が産めなくなるということも危機感の一つにはなっていると思います。何れにしても、あなたがそう思っているということは周りに伝わりますから、周りがそのようにあなたのことを扱うようになる、ということが起こります。

私は40代で離婚した時、これで一生が終わったと思いました。女性としての一生が終わったと思ったんです。30代の時でさえ誰も声をかけてくれなかったのですから、40代になった私に興味を示してくれる男性は一人もいない、と思っていました。だから、そういう態度で男性にも接するわけです。どういう態度かというと、女性性を全く感じさせない態度です。男のような態度、ということではありません。女性として扱いたくなるような態度ではない、言い方を変えると、女性としての自分に魅力があると信じている態度ではない、とでもいうのかな。もともと女性としての外見や内面に自信を持ったことがない私ですから、女性性を全く感じさせない態度というのは40代にして始まったことではないんですが。とにかく、私が信じているように周りの男性は私を扱ってくれていたんだと、今になってわかります。

私は44歳で語学留学をしましたが、その時一緒に住んでいたシェアメイトが50代後半のフランス女性でした。彼女は離婚して独身でしたが、その彼女がなんて言ったと思います?
「オーストラリアの男はつまらないわ。エスカレーターですれ違っても、目と目で視線をかわし合わないんだから」と言ったんです。えええ!!?? どういうこと?と聞いたら、フランスではエスカレーターの上りと下りですれ違いざま、男女が視線を交わし合うとのこと。

想像してみてください。一瞬のすれ違い様に男と女が視線を交わし合う色気とスリル。男として、女として、双方に自信がなければ交わせない視線のやり取りです。それを50代後半の女性が堂々とやってのけるのですから、天晴れと言うかかっこいいというか。当然のごとく、彼女は50代後半でありながら、女性として手厚く扱われていました。

最後にこのことをお伝えします。

結婚は40代後半からがパーフェクト

私はオーストラリア留学中に出会い系サイトの事をクラスメイトから教えられ、手探りで始めたネット婚活で2000通以上のメールをもらい、その中から選んだ100人以上の男性とデートし、48歳で現在の夫と再婚しました。最初の結婚も40歳を迎える数ヶ月前でしたから、一般的には遅い結婚です。

では遅い結婚だと幸せ度は下がるのかというと、そんなことは全くありません。結婚年齢が上がれば上がるほど、幸せ度も上がっています。考えてもみてください。40代、50代と言う、人生経験豊富な二人が結婚するんです。その結婚生活が面白くないわけがないのです。自身の体験から、結婚は40代後半からがパーフェクトじゃないかとさえ思っている私ですが、そのお話は、また別の機会に。

『国際結婚 ネット婚活で出会った夫婦10年生のスキンシップ』