Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

出会い系ネット婚活で異性に選ばれるためのプロフィール写真

 

 

そもそも、プロフィール写真は載せたほうがいいの?

つい先日、リサーチのために海外の出会い系サイトに再登録してみることにしました。慣れたものだから簡単簡単、と思いきや、最後に「公開」ボタンを押す段階になった瞬間、心臓がドキドキし始めたんです。そして、あぁこの心臓バクバク感だったなぁと、12年前のオーストラリアでのネット婚活のことを鮮明の思い出しました。

初めて出会い系サイトにプロフィールを登録した時のことですが、私はプロフィールに何を書くべきか、どんな写真を載せるべきか、何もわかっていなかったんです。ですからニックネームのところに本名を載せてしまうという、信じられないようなおバカなことをしてしまいました。おまけに写真はブリスベンの韓国レストランでビビンバを食べてるところの写真。色気とか女性らしさとか全く意識していない学生写真です。

それでも翌日からキス(私が登録したオーストラリアのデーティングサイトでは、相手から届くメッセージをキスと呼んでいました)がどんどん届きましたから、色気のない写真でもあまり問題はなかったのでしょう。ただ、本名出すのはNGですね。面白かったのは、まさか本名は載せないだろうとオーストラリアの男性たちがが勝手に思ってくれていたことです。最初のデートで本名を名乗ると、え!MISAOって本名だったの!?と驚かれました。

本名の載せてしまうというドジを踏みながらも男性側から毎日20通くらいのキスが届いたのは、どんな写真であれ、プロフィール写真を載せていたからだと思います。

 

出会い系ネット婚活でプロフィール写真の果たす役割

ネット婚活をするにあたり、出会い系サイトの登録することに不安を感じているのは女性側だけではありません。男性だって不安なのです。相手がどんな人なのか、本当に実在する人物なのか、プロフィールに書いてある通りの人なのか、相手のことを知りたいですよね? 相手の男性も同じようにあなたのことをもっと知りたいのです。

この時、写真というのは言葉以上のインパクトがあります。1000の言葉を並べるより、写真1枚の方がより伝わることってあります。

登録したサイトが写真を複数掲載できるものであるならば、できるだけ多くの写真を掲載しましょう。1枚の写真で私の全てを判って、というのは無理な話です。これは相手に対して自分がどう思うかを考えればわかりますよね。

たった1枚の写真だけで相手を知るのは不可能です。あなたの中にある強いところ、可愛らしいうところ、お茶目なところ、真剣なところ、などなど、余すところなく見せてください。写真を何枚も載せるなんてナルシシストだわ、なんて思う必要はありません。ネット婚活はマーケティングと同じだと別の記事で書きました。情報は多ければ多いほど相手に安心してもらえ、選ばれやすくなるものです。

 

出会い系ネット婚活におけるプロフィール写真NG

女性の場合は”安全性”ということに特に気を配らなければなりません。例えば、真面目にお付き合いしたいと思っているのなら、体の露出部分が多い写真を載せるのは得策ではないということはなんとなくわかりますよね。

出会い系プロフィールに使わないほうがいい写真とは
・体の露出部分が多い写真
・パジャマ姿などのくつろぎ写真
・加工しすぎている写真
・男性と一緒に写っている写真
・表情がない写真
・自分が小さくしか写っていない写真
・子供と一緒の写真

 

体の露出部分が多い写真とパジャマ姿のくつろぎ写真

体の露出部分が多い写真、そしてパジャマ姿のくつろぎ写真、この2つはセックスアピールだと勘違いされます。どんなに可愛いパジャマであっても、ベッドにお誘いしていると勘違いされても仕方ありません。

私の友人の一人は敬虔なクリスチャンですが、アフリカンの血が流れる原色大好き人間で、プロフィール写真の中に胸元が大きく開いたお洋服が数枚あったんです。プロフィールを投稿して最初の3ヶ月は、届くメッセージやメールはセックス目的かナイジェリアの詐欺師たちばかり。彼女は憤慨していましたが、胸元が大きく開いたドレス姿は男性に勘違いをさせる元になります。彼女にはかわいそうですが、自ら招いた相手でもあったというわけです。

 

加工しすぎている写真

加工しすぎている写真もNGです。美しければ美しいほど選ばれる確率は上がりますが、初デートの時に相手をがっかりさせたら2度目のデートはありません。

面白い研究結果があります。

①最初が良くて最後が悪い人
②最初も良くて最後まで良い人
③最初が悪くて最後が良い人

この中で、一番良い印象を与えられるのは誰だと思います?

③最初が悪くて最後が良い人 です。

逆に、後々の印象が一番悪く残るのが、最初が良くて最後が悪い人なんです。信用できない人、というレッテルを貼られてしまいます。

プロフィール写真で本物以上に良く見せることはできても、初対面で会った瞬間ににガッカリさせたら、あなたの印象はグンと下がります。それを挽回するのは容易でありませんから、加工はほどほどにしておきましょう。

 

異性と一緒に写っている写真

男性と一緒に写っている写真、これはもう絶対にダメです。逆の立場で考えてみてください。男性のプロフィール写真に女性が写っていたら、「女友達がいるなら、ここに登録する必要ないでしょ?」ってムッとしませんか? 「なんか不真面目」って思いませんか? それが感情というものです。

 

表情のない写真

表情がない写真もNGです。先にも、1000の言葉を並べるより、写真一枚の方がより伝わることがある、と言いました。写真はその最たるものです。たった一枚の写真で私たちが涙したり涙が出るほど大笑いしたりするのは、写真の中に写っている人物の表情に、見ているこちらの心が動かされるからです。相手の心に灯をともすような笑顔の写真があったらいいでしょうね。

 

風景の中に小さく写っているあなたの写真

それからついやってしまいがちなのが、旅行中の写真。旅行写真が悪いのではなく、風景が中心になってしまっている場合が問題なのです。相手は風景を見たいのではなく、その風景の中であなたがどんな顔をしているのかが見たいのです。風景の中に小さく写っているあなたではなく、あなたが中心となって風景がその添え物になっているようなものがいいでしょう。

 

家族が写っている写真

シングルマザーの方の場合ですが、お子さんと一緒に写っている写真も控えたほうがいいでしょう。理由は二つあります。一つは、お子さんとお子さんのプライバシーを守るためです。そしてもう一つは、始めに恋愛ありきだからです。

あなたにとっては掛け替えのないお子さんであり、あなたとお子さんを丸ごと受け止めてくれる人を探していることもわかります。でも、相手の方はパートナーを探しているのであって、家庭を探しているわけではありません。最初は恋愛から入りたいのです。これは子供がいるからマイナス、という意味ではありません。子供の前に、まずはお互いの恋愛感情を育てることが大切だとうことです。相手とあなたの相性はどうなのか、そこに焦点を当てるためにも、まずはお子さん抜きであなただけを見てもらいましょう。

 

出会い系ネット婚活で反応率が上がるプロフィール写真の選び方

これはもうズバリ

出会い系プロフィールに使わないほうがいい写真
・体の露出部分が多い写真
・パジャマ姿などのくつろぎ写真
・加工しすぎている写真
・男性と一緒に写っている写真
・表情がない写真
・自分が小さくしか写っていない写真
・子供と一緒に写っている写真

の逆を行くだけです。

・体の露出部分が多すぎない写真
・パジャマ姿などのくつろぎすぎていない写真
・加工しすぎていない写真
・自分だけが写っている写真
・豊かな表情の写真
・自分が中心になっている写真

そしてもう少し加えるとしたら
・話題を提供できるような写真
・自分の興味と相手の興味がマッチしているとアピールできるような写真

相手は自分と同じ価値観を持った女性、同じことに興味がある女性を探していることが多いものです。それはあなただって同じですよね。声をかけるきっかけが欲しい時、自分と同じ場所へ行ったことがある人だとわかったら声がかけやすいでしょうし、自分と同じ趣味を持っている人だとわかったら、ますます声がかけやすいでしょう。

相手に近づいてもらうためにも、話題を提供できるような写真があったらいいと思いますよ。