Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ネット婚活に踏み切れないもう一つの理由


ネット婚活は危険なイメージ
ネット婚活で騙されないための心得の中で、出会い系サイトの利用に踏み切れないのには2つの理由があると書きました。その一つの理由が「危なさそうだから」です。出会い系アプリなどを使って異性に会うことに危険を感じるのはどうしてか、そして、出会い系サイトで出会うことは本当に危険なのか、ということについてはこちらに詳しく書きましたのでご覧ください。ネット婚活で騙されないための心得

今回は、出会い系サイトの利用に踏み切れないもう一つの理由である「周りに知られたくないから」と思う心理について考えてみたいと思います。

ネット婚活していることを知られたくない

女性が、結婚相談所を含む全ての出会い系サイトの利用を躊躇するもう一つの理由は、「周りに知れたくない」からのようです。そして、それはおそらく男性も同じではないかと思います。知られたくないと思う気持ちの奥には、

出会い系サイトを利用する人は
・自分で恋人やパートナーを探すことができない人
・異性にモテない人
・結婚に焦っている人

こういったネガティブなイメージが強く、自分がそういう人間である、そういうい状況にいる、というふうに見られたくないという心理が働いているようです。

 

出会い系サイトで出会った二人馴れ初めを堂々と語れない

出会い系サイトで出会ったことを隠したがるカップルが多いのは、とても残念が気がしてなりません。先日、友人夫婦の家に呼ばれて夕食を共にしたのですが、その時、初めてお逢いする男性と女性もその場にいたんです。初めてお逢いする方たちなので、そのお二人が友達なのか恋人なのかご夫婦なのかもわかりません。ただ、おしゃべりしていく中で、お二人が結婚の計画を立てていることがわかりました。そこで、どんな風にお二人が出会ったのかをお聞きしたんです。

私は出会いの話を聞くのが大好きです。どんな出会いにも偶然に見える必然があり、奇跡があります。それを二人がどんな風に受け止め今に至るのか、どのカップルの話を聞いても、いつも感動する私です。そしてたいていの場合、そのストーリーには笑いがあります。それが楽しいのです。

さて、そのお二人に、出会いについてお聞きしたところ、それまで饒舌だったお二人が黙ってしまったんです。とんでもなく失礼な質問をしてしまったのではと焦っていると、「ネットで出会ったんだ」と口ごもりながら男性がこたえてくれました。その瞬間、夫と私は同時に叫びました「私たちと同じだね!」

私と夫もネットで出会ったことを知ったカップルは、ホッとした表情になり、それからは二人の馴れ初めをとても楽しそうに話してくださいました。出会ってから今日までどれほど楽しい時間を二人が過ごしてきたのか伺える、微笑ましいエピソードばかりです。出会ってからこれだけの思い出を作ることができる二人が、そのきっかけとなってくれたネットの出会いを恥ずかしがることが、私にはちょっと残念でしたが。

 

どう出会ったかより、どう向き合ってるか

出会い系サイトを利用してめでたく結婚にゴールインしたカップルでさえ、二人がどうして出会ったのかを秘密にしたがるケースは多いものです。

理由は、先に述べた出会い系を利用する人に対するネガティブなイメージと同じだと思います。僕たちは、自分でパートナーを探すことができなかった、異性にもてなかった、結婚に焦っていた、のではないと言いたいのかもしれません。二人の出会いはネットで操作されたものではなく、運命の出会いなのだと信じたいのかもしれませんん。

でも、今の二人の関係に100%の自信があるならば、その二人の歴史の発%Eす。出3た出会いの形も誇ってほしいと思います。それがあっての今なのですから。二人がどう出会ったかを隠す事に神経とエネルギーを使うのではなく、出会ってから今日までを二人はどう過ごしてきたのか、今現在二人はどう向き合っているか、注ぐべき時間とエネルギーはこっちの方です。

 

自然な出会いと作られた出会い 長続きするのはどっち?

自然な出会いをしたカップルと、出会い系サービスを使って出会ったカップルとでは、どちらが長続きするのか?統計を取った事がないのでわかりませんが、一つだけ言える事があります。出会った方法とその後のリレーションシップの行方には、何の関係もありません。

数年前のことですが、私と夫は友人のバースデーパーティーに招待されました。毎年賑やかにパーティーをするその友人の家には、50名ほどの客が集まっていたでしょうか。ほとんどの女性がオーストラ男性と結婚をした日本人女性で、ご主人同伴の方も数名いらっしゃいましたが、ご主人とは全く席を別にして座っていらっしゃいました。

パーティーも終わりに近づき、みんなで片付けをしましょうとなった時です。キッチンで片付けや洗い物をしている奥さんたちが口々に私に言ったのです。「みさおさんとご主人は本当に仲がいいんですね。みんなで羨ましいねってずっと話してたんですよ。」その場にいたオーストラリアの女性からも同じことを言われました。ネット婚活に対してやや批判的な眼差しを向けるであろう人たちが、ネット婚活カップルである私たちの関係を羨ましがるという奇妙な光景です。

もう一度言いますね。
出会い方にこだわるのではなく、出会った日から二人はどんな関係を築いていきたいのか、築いていくのか、このことに時間とエネルギーを使いましょう。